Mダックス・みるくちゃんです♪

  • 2017.02.06 Monday
  • 15:15

Mダックスの元気くん豆太郎くんのおうちの紅一点、みるくちゃんです♪

10歳の時に元気くん達のおうちに保護犬として引き取られ、

5年間家族の一員として愛され、幸せな生涯を終えたダックスちゃんです。

 

ここに掲載されているフェルトペットはでお作りしました

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへにほんブログ村

 

みるくちゃんは元気くん達のおうちに迎えられるまでの10年間、たらい回しにされ、

暑い日も寒い日も狭いケースの中で過ごす生活を強いられてきたそうです。

しかも前の飼い主さんからは半虐待のような仕打ちを受けてもきたそうです。

 

そんな辛い生活しかさせてもらえないわんちゃんは決して少なくないんですよね。

でも実際に身近なところでそういうお話を聞くと胸が詰まります。

 


おうちに迎えられて間もない頃のお写真でしょうか。

本当に穏やかなお顔です。

長い時を経てようやく幸せをつかんだみるくちゃんの姿です。

おそらくこんな自由で愛してもらえる生活があるなどとは想像もしていなかったでしょうね。

だって生まれてからずっと、そんな生活をしたことがないのですから。

自由も楽しみもない辛いだけの生活がごく当たり前の生活だったなんて、

たとえ犬であってもそんな悲しいことがあっていいわけはありませんよね。

 

 

そんなみるくちゃんですから人間に甘えたいのに甘えてはいけない、と思っていたようです。

 

甘えたら、また裏切られる。

置き去りにされ、クンクン鳴きながら後を追うみるくちゃんを見て、

嘲笑って面白がられる。

まるで生きたおもちゃのような扱いをされてきたのでしょう。

裏切られて傷つくくらいならはじめから甘えない方がいいと思っていたのかも知れません。

だからもう思いっきり甘えていいのにもかかわらず、

元気くん達のおうちでもずっと遠慮しているような子だったようです。

 

 

みるくちゃんが息をひきとる直前、

そばで話しかけていたママさんの両足が攣り、動けなくなったそうです。

まるでみるくちゃんがママにずっと側にいて欲しくて魔法をかけたかのようでした。

そのときママさんは初めて、みるくちゃんが甘えた瞬間だった気がする、とおっしゃっていました。

 

最初で最後に、愛してくれたママさんに甘えたかったのでしょうね。

ごく普通の家庭犬のように、家族を愛して、愛されるという

ごく普通の幸せを経験したかったのでしょうね。

一度だけでいいから。

 

 

みるくちゃんがお空に旅立った翌年、

元気くんもお空に引越しをしています。

きっとお互いおうちにいた頃はこんな感じで楽しく過ごしていたのかも知れませんね。

 

 

大きさのバランスをとるために、元気くんフェルトを一度こちらに里帰りさせて頂きました。

 

ママさんは「たった5年しか一緒にいられなかったので、ほとんど写真がないんです」とおっしゃっていましたが、

こんな素敵なお嬢さまのようなお写真もお持ちでしたよ。

 

巻き毛がくるくるとゴージャスで、毛並みもとても綺麗で、

愛情込めてお手入れしてもらっているのがよくわかりますよね。

 

実はママさん、こんなことをおっしゃっていました。

「1日3回の食事・おやつ・散歩・月一回の病院…飼い主として最低限のお世話はしてきましたが、

先住犬と同じ様に愛する事ができなかったんです。

その事をいつも申し訳なく思い、ブラッシング・耳掃除・シャンプーをしていた気がします。」

 

元気くんや豆くんと同じように愛する必要はないのでは?と製作職人は思いました。

だって人間の家族だって、自分の親に対する愛、伴侶に対する愛、子供に対する愛・・・

どれも愛情の種類って違いますよね。

だからわんちゃんに対する愛情だって、その子それぞれに違って当たり前だと思うんです。

 

子犬の時から大変な思いをして育ててきたわんちゃんと、

つい最近シニアで引き取ったわんちゃんでは付き合い方が違って当たり前。

だから愛情の種類も違うし、それぞれの重さも違う。それでいいのではないでしょうか。

少なくとも生まれてから10年間、まともな愛情を注いでもらったことのないみるくちゃんにとって、ブラッシングなどのお手入れの際に暖かい手で触れてもらえるだけで

十分過ぎる愛情を感じられたのではないかなと製作職人は思うのです。

 

今頃元気くんと豆くんとみるくちゃんの3頭で、きっとお空で走り回って遊んでいるに違いありません。

 

 

今は3頭を愛情いっぱいに育てて、そしてやがてお空に見送ったママさんも、

いつかまた落ち着いたら保護犬ちゃんを迎えてこの3兄妹達と同じように

たくさん愛してあげたいとおっしゃっていました。

 

 

みるくちゃんの舌をちょこっと出して幸せそうな笑顔そのまんまをお作りしました。

 

同じように飼育放棄された保護犬を3頭抱える飼い主として、

あなたのように幸せになった子のフェルトペットを作るのは我が事のように嬉しいです。

 

お作りさせてくれてありがとう、みるくちゃん♪

スポンサーサイト

  • 2017.06.28 Wednesday
  • 15:15
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    こんにちは^^
    穏やかなお顔立ちのみるくちゃん。元気くんのおうちにお迎えされてからの5年間は、きっと幸せだったでしょうね…
    元気くんのフェルトと一緒に並んでいる姿を見ていると、生前は、元気くんとこんな風にお話をしていたのかな?と、想像してしまいました。
    生前のお写真を拝見していると、とても落ち着いた表情で、やっと幸せを掴んだみるくちゃんの安ど感が伝わって来ました。
    ママさんの深い深い愛情を感じます。

    • みーちゃん918
    • 2017/02/07 10:35 PM
    ★みーちゃんさま★

    いつもお優しいコメントありがとうございます。

     恥ずかしながら生後4ヶ月で我が家に引き取られた、
    ほとんどペットショップから子犬として購入したのと同じような月齢での保護犬であるうちのダックスはわがまま放題、やりたい放題です。

     それに比べてこのお嬢さんは甘えることすら知らない生活を強いられてきたのですよね。たらい回しにされたとのことですが、やっと何人目かに元気くん、豆太郎くんのママさんにたどり着くことができて本当に良かったです。

    今はあまり見かけなくなりましたが、昔は普通の飼い主さんでも真夏も真冬も庭にずっと繋ぎっぱなしでたまに散歩に連れ出すだけ、
    という飼い方をされているわんちゃんが多かったですよね。
    餌の器には雨水と枯れ葉がたまっていたり。
    ああいう子達も、ずっとつまらない一生を送ってきたのだろうなと思うのです。

    ネグレクトされたすべてのわんちゃん達に、
    みるくちゃんのようにたとえ長くはなくても幸せな時間を過ごさせてあげられたらと思います。
    • ◆うちの子製作所◆ 製作職人
    • 2017/02/08 10:37 AM
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    ◆うちの子製作所◆

    このアルバムに掲載されているフェルトペットはここでオーダーされました。 http://www.feltpet. com/

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM